視力回復手術TOP >  視力のしくみ

視力のしくみ について

視力回復手術(レーシック)を正しく理解するために、視力のしくみを簡単に理解しましょう。

視力のしくみ
視力のしくみ

レーシックを正しく理解する前に、まずは視力がどのような仕組みで見えるのかを理解しておく必要があります。

簡単に言えば、カメラのピントと同じ原理です。見る対象物との距離によって目のレンズを動かし調整してピントを合わせているのです。

近視の場合はどのような状態かというと、そのピントを合わせるための筋肉が衰えてしまって、遠くのものにピントを合わせることができなくなった状態をいいます。

コンタクトレンズ・眼鏡の原理

上の記事で視力のしくみを説明しましたが、今度はコンタクトレンズや眼鏡の原理について触れておきたいと思います。

コンタクトレンズも眼鏡もいわゆるレンズです。ボヤけてピントがずれてしまっている視界の屈折率を変化させて、焦点を合わせる働きがあります。

コンタクトや眼鏡が、間に一枚レンズを挟むことにより屈折率を変化させたのに対して、レーシックでは、目の中にあるレンズの屈折率を直接変える という手法なのです。

近視・遠視・乱視の仕組み(図解)

■各症状をクリックして頂くと、それぞれの症状解説が表示されます。

情報提供:神戸クリニック






スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/