視力回復手術TOP >  視力回復手術 レーシックのリスク・危険性

視力回復手術 レーシックのリスク・危険性 について

ここでは、みなさんが一番気にされるレーシック手術のリスクについて徹底的に解説します。リスクが全くない手術はこの世に存在しませんので、ちゃんとリスクを把握し、納得した上で手術を受けることが非常に重要です。

視力回復手術 レーシックのリスク・危険性
ハロー・グレア現象

手術後に発生する合併症として、まず、ハロー・グレア現象が考えられます。

◆光を見た時に、周りにぼんやりと光の輪が見えてしまう症状(ハロー現象)

◆光を見たときに必要以上にまぶしく見える症状(グレア現象)

一般的な場合、この症状は通常3ヶ月以内で自然回復すると言われています。

しかし、重度の近視の場合、この症状が残ってしまう可能性があるという報告があります。確率は少ないですが、自分がそうなる確率はどのくらいあるのか、手術前にきちんと医師に確認しましょう。

ドライアイ

術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。

レーシック手術でフラップを作成することにより、術後は角膜の感度が鈍り、瞬きが減少するため、目が乾燥しやすい状態になります。

注意点として、ドライアイの状態は非常に目にキズが付きやすい状態にあります。

目にキズが付くと、それによって視界がボヤけ、著しく視力が低下します。

特に本人にドライアイの症状の認識がない時期にキズが付きやすいので、「目の調子が良いから、もう大丈夫!」などと思わず、処方された目薬などは、最後まで指示通りに点眼しましょう。

レーシック機器のトラブル

最新の機器が最高の機器とは限りませんが、古く精度の低い機器では当然リスクも高くなります。

医療機器のトラブルで、不完全なフラップが作成され手術を中止せざる終えない場合もありますので、

最高の設備があるクリニックでレーシックを受けましょう。

医師の技術的なリスク

強い近視の人や角膜が薄い人など、レーシックを受ける適正がギリギリの人は特に注意が必要です。

経験や技術のない医師は、手術の適正・危険性を正しく判断できず、リスクの高い手術をしてしまうことがあります。適正が際どい人は、少なくとも2つの医師の意見を聞くなど慎重な行動が必要です。

また、手術の技術が低い場合、フラップにシワが寄ったり、角膜を削りすぎたりすることで、不正乱視を起こしてしまう場合があります。

実績や眼科専門医の資格など、医師の技術を見てクリニックを選択することが必要です。

感染症

手術環境の衛生面に問題がある場合や、術後のケアに問題があった場合、稀に感染症を起こし眼球が白濁してしまうことがあります。

万が一感染症にかかってしまった場合、早期に治療をすれば治すことができますが、衛生面が徹底されていないクリニックでレーシックを受けることは避けてください。

そして、術後は目をこすってしまわないように保護用のメガネを必ず着用してください。(特にもう大丈夫と思ったころが一番危険です。)

治療が遅れると角膜移植をしなければならないという事態に陥りますので、手術後に異常があった場合はすぐにクリニックに連絡をし正しい処置を受けてください。



次ページ 手術後の近視の戻り
前ページ 視力のしくみ
TOPへ  TOPページ




スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/