視力回復手術TOP >  手術後の近視の戻り

手術後の近視の戻り について

レーシックを受けた人が、ほぼ確実に視力が回復することは理解していただけたと思いますが、回復した視力が元に戻ってしまうことはあるのでしょうか?もし、簡単に視力が戻ってしまうのであれば、大金をかけてリスクを犯してレーシックを受ける意味がなくなってしまいます。

手術後の近視の戻り
視力が安定していない人はレーシックは受けれない

現在も近視が進行している人は、たとえ視力が回復しても近視は進みます。

レーシックは、視力が安定していて、今後も変わらないであろうという前提で手術をするので、これからも視力が変わるであろう人は、レーシックを受けることができません。

一般的には、「近視は20歳くらいまで進行して、それ以降は変わらない」など、眼科医までもそう言いますが、20歳を過ぎても視力は変化します。

自分の視力が1〜2年以上安定しているかどうかで客観的に判断してください。

近視の戻り

レーシックで視力を回復させても、その後、稀に視力が戻ってしまう人がいます。

強度の近視の方に多く見られる事例で原因は以下のようなことが考えられます。

角膜を多く削ったために残った角膜が薄くなり、強度が下がります。

目にはもともと「眼圧」といって圧力がかかっています。その圧力により強度が下がった角膜が押し出され変形してしまうことにより起こります。

この他にもいくつか原因が考えられますので、「近視の戻り」については手術前に医師に確認してください。

手術後に普通に目が悪くなったら

レーシックにより視力が回復したとしても、そのあと一般的な理由によって、目が悪くなってしまうことも普通に考えられます。

たとえば、暗いところで本を読んだり、ゲームやパソコンを長時間やったり

そこでせっかく治した視力を低下させないための予防策を考えてみましょう。

◆目に悪い行為をしないように日ごろから気をつける。

◆近くをみた後は遠くを眺めて目を近視状態にさせない。

◆視力の低下を早期に発見するように、日ごろから検査したり自分の視力に対して敏感になること。

◆視力が少し低下したときは、視力回復メガネなど、視力を自分の力で回復させるようなトレーニングをする。

※ブルーベリーが視力を回復させるというのは、誤りなのでご注意下さい。
効果としては、食べた直後に視力が一時的に若干上がるだけあって、食べれば食べただけ視力が回復し続けるものではありません。つまり、一時的に少しでも視力をあげたいという特殊な状況でもない限り役に立たないということです。

レーシックは何度でも受けれる?

視力が低下したら、また手術を受ければよい!
そう考える人も少なくないと思いますが、残念ながらそんなに簡単なことではありません。
レーシックの手術は決して安くはありませんので、もちろん金銭的に再手術を受けることができない方も多くいらっしゃると思います。

そうは言っても、金銭的な問題は比較的容易に解決することができます。
というのは、手術後、視力が再度低下してしまった場合は、無料で再手術を受けることができるアフターサポートを提供している治療院でレーシック手術を受ければ良いのです。

しかし、レーシックの手術を何度も受けることは医学的に問題があるのです。まず、レーシックとは角膜を削る手術です。一度削った角膜はもちろんもとに戻すことができません。そして、一度削られた角膜は、削られた分だけ小さくなり、レンズの屈折率を変えるために必要な削り幅が少なくなってくるのです。

一般的にいうと、手術はできて2回までです。
もともと角膜が薄い方は1度しか受けることができません。

それゆえ、レーシックを受けた後に視力が戻るということは非常に大きな問題なのです。
最悪の場合、手術は受けたけど視力は元に戻ってしまい、お金だけたくさん払って、コンタクトやメガネに逆戻りということになってしまいます。







スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/