視力回復手術TOP >  視力回復手術 レーシックを受けられない人

視力回復手術 レーシックを受けられない人 について

残念ながら、すべての人がレーシックを受けられるというわけではありません。一体どのような人が手術に適さないのでしょうか?

視力回復手術 レーシックを受けられない人
目の状態による不適正

◆眼の病気
白内障・緑内障・網膜はく離・結膜炎など、現在目に病気を持っている方はレーシックを受けることができません。理由は、レーシック手術のリスクが高くなるからです。

◆視力不安定
レーシックは現在の視力に対する矯正をするに過ぎないため、視力が定まっていないと受けることができません。一般的には、20歳過ぎまでに視力が安定すると言われていますが、信用度が高い説とは言えません。自分の視力が今後さらに悪化する可能性があるのかどうかは、自分の視力が安定しているかどうかに尽きます。ここ数年の視力で客観的に判断してください。

病気による不適正

病気を持った方
糖尿病・肝炎・膠原病などの病気を持った方は、レーシックを受けることができません。
理由は、病気の影響で角膜の再生などの自然治癒力が低いからです。

また、妊娠中の方も同じ理由でレーシックを受けることができません。

職業による不適正

ボクシング選手や運転手

ボクシング・K1選手など、目に打撃を受ける可能性のある職業の方や、電車やバスの運転手など、手術後の一時的な症状が業務遂行の致命的な妨げになる職業の方は、レーシックを受けることはできません。

十分に休養期間が取れる場合でも、必ず医師に相談してください。







スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/