視力回復手術TOP >  手術後の近視の戻り >  視力が安定していない人はレーシックは受けれない

視力が安定していない人はレーシックは受けれない

現在も近視が進行している人は、たとえ視力が回復しても近視は進みます。

レーシックは、視力が安定していて、今後も変わらないであろうという前提で手術をするので、これからも視力が変わるであろう人は、レーシックを受けることができません。

一般的には、「近視は20歳くらいまで進行して、それ以降は変わらない」など、眼科医までもそう言いますが、20歳を過ぎても視力は変化します。

自分の視力が1〜2年以上安定しているかどうかで客観的に判断してください。


スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/