視力回復手術TOP >  視力回復手術 レーシックのリスク・危険性 >  ドライアイ

ドライアイ

術後3ヵ月程度はドライアイの症状がでることがあります。

レーシック手術でフラップを作成することにより、術後は角膜の感度が鈍り、瞬きが減少するため、目が乾燥しやすい状態になります。

注意点として、ドライアイの状態は非常に目にキズが付きやすい状態にあります。

目にキズが付くと、それによって視界がボヤけ、著しく視力が低下します。

特に本人にドライアイの症状の認識がない時期にキズが付きやすいので、「目の調子が良いから、もう大丈夫!」などと思わず、処方された目薬などは、最後まで指示通りに点眼しましょう。


スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/