視力回復手術TOP >  視力回復手術 メモ >  視力回復手術 上級者メモ

視力回復手術 上級者メモ

レーシックとイントラレーシックの両方を導入している錦糸クリニックのQ&Aより

マイクロケラトームで作られたフラップにはブレードの往復運動でできた微細なスジが残りますのでハロの原因になります。イントラレーシックではスジがなく滑らかなフラップを作ることができるためクリアな視界が得られます。

Q2  ウェーブフロントとは何ですか。
A2  ウェーブフロントとは角膜の微妙なゆがみをコンピュータで解析して、理想的な角膜にするためにレーザーを制御するシステムで、このシステムを備えた最新のレーザー装置をウェーブフロントレーザーといいます。錦糸眼科では最新のウェーブフロントレーザー、テクノラス217Z100を用いています。

 -6D以下の術後6ヶ月において視力が1.0以上の割合
 Bausch&Lomb TECHNOLAS 217Z 91.5%
 Wavelight ALLEGRETTO WAVE 84.4%
 Summit Autonomous INFINITY(Apex Plus) 65.2%
 LaserSight Laser Scan LSX 49.5%
 Visx Star S3 48.1%
 Nidek EC-5000 47.4%

1996 LASIKを日本で初めて実施
2003 INTRALASIKをアジア圏で初めて実施
2006 院長の3万9千症例は国内最多の実績


スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/