視力回復手術TOP >  視力回復手術 レーシックのリスク・危険性 >  医師の技術的なリスク

医師の技術的なリスク

強い近視の人や角膜が薄い人など、レーシックを受ける適正がギリギリの人は特に注意が必要です。

経験や技術のない医師は、手術の適正・危険性を正しく判断できず、リスクの高い手術をしてしまうことがあります。適正が際どい人は、少なくとも2つの医師の意見を聞くなど慎重な行動が必要です。

また、手術の技術が低い場合、フラップにシワが寄ったり、角膜を削りすぎたりすることで、不正乱視を起こしてしまう場合があります。

実績や眼科専門医の資格など、医師の技術を見てクリニックを選択することが必要です。


スポンサードリンク
国内最多の症例数 品川近視クリニック
症例数60万件以上で、世界トップクラスの実績。
低価格ど実績を兼ね備えた品川近視クリニック
www.shinagawa-lasik.com/

8万円からのレーシック
眼科施設初の高度クリーンルーム完備 最高水準の技術力
神奈川クリニック
ganka.kanacli.net/

生涯保障の神戸クリニック
レーシック業界 唯一の生涯保障で安心。有名人も多数手術を
受けている 安全性と信頼のクリニック
www.kobeclinic.com/